So-net無料ブログ作成
検索選択

北関東、ちょっとざわざわ [家族 猫 治療]

 みなさまちーっす。

P1140197.JPG
揃っておしりを向けててごめんなさい♪

こんな時期なので重いネタはできるだけ避けたいのですが、
それを隠してのほほんなネタを作成する、というのは
私にはどうにもできそうにないので、あえて作成します。
なぜ「月刊」とか言っちゃうかなぁ、そーいちろー。あははは~。

この1カ月の北関東の猫屋敷をまとめると、
下記のような見出しになると思います。

・みおの調子が右肩下がり
・ルビーの膀胱炎疑惑再燃?
・誰かのおしっこに結晶らしきキラキラが??
・アイナまたもや緊急入院!!

うーん、地震との因果関係は不明です。


まず、慢性腎不全(最近は慢性腎臓病と言うようです)の、みお。

腎不全はその名のとおり、腎臓の働きが不全になってしまいます。
血液をろ過したり、ミネラルや水分の調節をしたり、造血ホルモンを
産生したり。それらの機能がすべて壊れていくので、尿毒症になったり、
脱水したり、おしっこができなくなったり、貧血を起こしたり。

3年前の発覚・入院、退院、その後約半年間隔での血液検査の結果です。
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
miodata1.jpg
実際は2週間から2カ月の期間に1回、という頻度でした。

去年の春あたりから貧血をできるだけ緩和させるために
鉄&ビタミンB群サプリ(ペットチニック)やビタミン剤(ノイロビタン)を
飲ませていました。鉄剤そのものも試してみましたが、飲むとおなかを
壊してしまうため、ただでさえ脱水傾向にあるわけですし、これは断念。
年末あたりから、そろそろ造血剤の使用を考えてもいいと思います、と
獣医さんからアドバイスを受けていました。

エリスロポエチン、腎臓で作られる造血ホルモンです。
残念ながら猫用はまだなく、ヒト用を代用しているのが現状です。
もしかすると、みおの免疫がヒト用エリスロポエチンを異物(非自己)と認識して
壊してしまう可能性アリ。が、それがいつなのかはわからない、のです。
今年1月末から1日おきに3回、注射していただきました。
どうやら効果はあった模様です。
ヘモグロビン、ヘマトクリットの値が上昇。ほっ。


一方、
BUN(血中の尿素窒素:高くなると尿毒症に)
Cre (腎臓で濾過されなくちゃいけない成分:腎機能の指標)
数値の上では明らかにゆっくりゆっくり右肩上がりに進行していきました。
それに呼応するかのように、体重もゆっくりゆっくり右肩下がりに。
輸液の間隔も月日の経過とともに狭まっていきました。
検査結果を見てはとても不安な気持ちになりましたが、当のみおは
ここでこれまでupして、ご覧いただいてきました画像のように、
見た目には普通にご機嫌に過ごしていました。

今年の2月の初めにBUNがついに3ケタに突入。
さすがに活性は低くなり、食も細くなりつつありましたが、
日常生活に支障はありませんでした。
高いところに飛び乗れますし、爪とぎしますし、毛繕いもできていました。
腎臓へのダメージをできる限り軽減させる目的で、血圧を下げる作用の
飲み薬を変更しました(ACE阻害剤:エナカルドからフォルテコールに変更)。

2月末には緊急入院した3年前の数値を超えてしまいました。
臨床的には即、静脈への点滴治療の対象とのこと。
でも、案外けろっとしていたみお。
緩やかな進行だったので、身体が慣れてしまっていたのでしょう。
獣医さんと相談し、日中は点滴入院、夜は自宅でリラックス、で
数値が落ちるか経過を見よう、となりました。

2011年3月の血液検査の結果
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
miodata'11Mar.jpg
カラフルな数値でもうびっくりです。

写真下、備考欄の*印がその時の結果です。
点滴治療で数値を維持できていたor悪化スピードを抑えていた、とも
考えられますが、期待する効果は得られませんでした。
それならば、今までどおり自宅で輸液と投薬を続けるほうが
みおへのストレスも最小限に抑えられるでしょう、となりました。

入院中、全然ごはんを食べようとしなかったそうで、強制給餌も
していただきました。でも、1日の必要量分は食べてくれず。
退院後、現在に至るまで強制給餌を続けています。
これはするほうもされるほうもかなりのストレスだと思います。
みおの意思による「食べる」「食べたい」をできる限り尊重したいので
まずはお皿にwetを用意して、軽めに温めて(あんまりあったかいのは
お好きじゃない模様)花先へ。舐めてくれたり、食べてくれたりしたら
すごーくうれしくなっちゃいます。
で、もういらない、となると、療法食に活性炭製剤(クレメジン)を混ぜ、
シリンジ(針をつけていない注射器)を使って少しづつ口の中へ。
飲み込んでくれなくなったら、ごはん終了。
尿毒症の影響か気持ち悪いのもあるようで、何度か戻してもいます。
4月1日から全然飲み込んでくれません。
食べてないというか、食べても戻してしまう、というのもあってか、
余計にしんどそうです。表情もかなり厳しい感じです。

慢性腎不全は、発症・発覚時にはすでに腎機能の75 %が失われている、
と、いわれています。また、失われた腎機能は再生されません。
この病気の治療とは、残った腎機能をどこまで維持できるか、なのです。
移植や人工透析は不可能ではないにしても、現実的ではありません。
幹細胞を用いた治療が最近注目されつつありますが、私の知る限り
猫の慢性腎不全と幹細胞治療についての報告は見たことはありません。
ヒト関連のこれまでの報告を見る限り、初期の段階で、かつ正常に
機能している細胞の多い状態のほうがより効果が高い印象です。
みおにとっては幹細胞を用いた治療も現実的ではないでしょう。

みおへの医学的アプローチ、もうやり尽くした感があります。
病院に行っても、何かが劇的に変わることはありません。
とてもしんどそうなみお、病院に連れて行くのもためらわれるほど。
でも、気持ち悪いのは何とかしてあげたい。
妻と相談し、これが最後の通院にしよう、ということで、
4月2日朝、制吐剤の注射を打っていただきました。
薬が効いてきたらしく、お昼になるあたりから、みおの表情が
少し明るくなってきました。

その表情を見てほっとする私たち。
病院に連れて行ってよかったこと、
そんな表情をまた見ることができたこと。
それ以上に、みお自身のご機嫌がよさそうなこと。
P1140268.JPG

何かある度に頼ってしまうペットヒーリングのできる友人、ORBさんいわく、
みおは私たち夫婦と出会ったこと、今まで楽しく過ごしてきたこと、
そして今も楽しんでいる、そうなのです。

正直な話、みおといっしょに過ごせる時間はかなり限られていると思います。
これからも、これまで通りできることをして、できる限りおもしろおかしく
いっしょに過ごしていこうと思っています。
儚くも力強い生命です。
もしかしたらヒト側が勝手に思いこんで、勝手に悲しんでいるだけなのかもしれませんし。


しかし改めて文字にするってつらいですね。
何枚ティッシュを丸めたやら。

冒頭、残り3つの見出しのうち、ルビーとキラキラはほぼクリアです。
ご安心くださいませ~。

が、アイナに関しては、まだよくわかりません。
これまた見た目はやんちゃそのもの。
ヒーター前で、ごろんごろんと転がっています。
P1140203.JPG
アイナについては、4月4日にある程度状況がわかると思います。
上向きな結果であることを祈るばかりです。
なんせフェニックスなアイナねーさんですし♪

どうかみなさま、
アイナとみおにちょびっとだけ元気を分けてあげてくださいませ。
よろしくお願いいたします。



その他のむすめたち。

ちゃっかりーナ。
P1140244.JPG
みおがあったかく過ごせるようにセットしたのに、みおの入る隙間なし。
そんなみお、回り道して右のお手洗いにおしっこへ。

こう見えて、寝ています。
P1140182.JPG





追記

4月3日、朝6時になる直前。
私たちが見守る中で、みおは息を引き取りました。
ふわりと穏やかに。
P1140118.JPG
ありがとう。愛しています。

nice!(25)  コメント(31)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

nice! 25

コメント 31

green_blue_sky

人間もそうですが余震などのストレスで病気が悪化するようですから、ネコも病気を持っているとつらいのではないでしょうか?
心のケアとともにお大事に。
by green_blue_sky (2011-04-03 09:02) 

CC_SAKURA

驚きました・・・。みおさんのご冥福をお祈りします。今パソコンで読んで初めて知りました。
みおさん、私の好きな歌のアーティストと同じ名前で。アイナさん以上に親近感を抱いていたのですが・・・。良く頑張ったね。
by CC_SAKURA (2011-04-03 09:58) 

ayafk

みおさんのご冥福をお祈りいたします。
突然だろうと覚悟していようとやっぱり悲しいものは悲しいですよね。
でもお友達のおっしゃる通りみおさんは楽しく過ごされていたことは間違いないと思います。
ブログで見てるだけでこんなに楽しい感じが伝わってくるんですから、実際にはもっと素敵な楽しい生活なのだろうに違いないと思います。

by ayafk (2011-04-03 12:04) 

TAKUMA

みおちゃん、とてもシアワセだったと思います。
今年の桜はみおちゃんのために…
by TAKUMA (2011-04-03 13:11) 

hi−ragi

穏やかな最後でみおちゃんもご家族も救われたと思います。
これからはそばでずっと見守ってくれます様に…
by hi−ragi (2011-04-03 13:21) 

うに

みおちゃん、soichiroさんのもとで
幸せに暮らせてよかったね。
お別れはとても辛くて悲しいけど…
最後まで お二人に見守られてこそ
穏やかに旅立って行けたんですね。
さようなら… またね、みおちゃん。 

by うに (2011-04-03 14:00) 

yumeneko

読み進みながら、
みおちーさん、持ち直してくれるかなあ。
近いうちに魔法の杖を持って、お宅訪問かなあ、
と思ってましたら・・・。
人間の腎不全末期はとても辛いと聞いてますので、ふわりと逝ったのはせめてもの救いです。
soihiroさん、奥ちゃん、ほんとに深く愛してくれましたね。
ありがとう。
こんなに若いのに。
こんなに可愛いのに。
ずっと忘れません。
by yumeneko (2011-04-03 14:17) 

テオ

みおさん みおさん みおさん ・・・・
 ラ ボエーム に 「冬の別れはあまりに寂しく辛い 死ぬのは春 花の頃にしましょう」という歌があります みおさん みんなが寂しくないように 今まで出発を延期していたのでしょうか そして今朝 お花の枝から枝へ高く高く昇っていって ふわりと乗り換えたのですか 優しい美しいみおさん どうか安らかに 
by テオ (2011-04-03 15:35) 

そらまめ

みおちゃん・・・
最後の追記を読むまで
みおちゃん、がんばれっ!ってキモチで
読んでたのに・・・
残念です。
涙が出てきました。
みおちゃんのご冥福をお祈りいたします。
桜の季節、いい時期を選んだのですね。
by そらまめ (2011-04-03 16:01) 

mito_and_tanu

みおちゃん、最後まで、みんなと一緒にいられたんですね。 それってとても幸せな事だと思います。 出会えば必ず別れがあるものですが、みんなに囲まれて、静かに逝くって一番幸せな死に様なのではないでしょうか。 きっと喜んでると思います。
アイナちゃん、元気になりますように。
by mito_and_tanu (2011-04-03 19:36) 

ぴー太郎

みおちゃんの身体にいいもの無いかな?なんて考えながら読んでいました。
最後まで読んで・・・言葉にならないです。いつか別れはやってくるとは
思っていてもとても残念です。
soichiroさんご夫婦に囲まれてふわりと穏やかな最後だったのは、
みおちゃんからの最後のプレゼントだったかもしれませんね。
もっと長生きして欲しかったけれど、最高に幸せな猫生だったと思います。
by ぴー太郎 (2011-04-03 19:56) 

溺愛猫的女人

なんかきっともっと一緒にいてくれるのかなと・・。
でも最後まで楽しく過ごせたのは本当に良かったと思います。
みおちゃん、よく頑張ったね。
お疲れさまでした。

by 溺愛猫的女人 (2011-04-03 21:43) 

櫻

みおちー、頑張った。えらかった。
つらい。けど、もうしんどい身体から解放されたんだよね…。
みおちーのこと忘れないよ。つくば夫妻、お疲れ様。

じゅわじゅわっと泣けて泣けて、しゃーない。
悔しいなぁ、まだまだ未来がある歳なのに。
通院、これが最後にしようと決めるときの
苦しい決断の思いやり、痛いほどわかるよ。

どうか、みおちーの分も
アイナつんが、踏ん張ってくれること願います。
by 櫻 (2011-04-03 22:02) 

てんてん母

辛いですね
でも幸せにくらせたこと 手厚く看病してくれたこと
みおちゃんは楽しい嬉しい毎日だったんだね
幸せだったね
by てんてん母 (2011-04-03 22:23) 

れおのしっぽ

みおちゃん、楽しい猫生でしたね。
みおちゃんの幸せな毎日を、覗き見させてくれて有難う!
ふぉとじぇにっくなみおちゃん、かわいかった。
よく頑張ったね、偉かったね。


by れおのしっぽ (2011-04-03 22:35) 

羅門パパ

みおちゃん
長い間よく頑張ったね。
きっとパパとママと幸せな日々を送ったんだよね。
みんなを見守ってあげてね。
by 羅門パパ (2011-04-03 22:52) 

nakonako

人も猫も最期の時は必ず来ますが、みおちゃんの一生、理想的な猫生だったと思います。
キャリーから覗く幸せそうな、ちょっとほっとしたような表情に胸が締め付けられました。
みんなに看取られて幸せだったね。ゆっくり休んでください。
アイナちゃん、お大事に。
by nakonako (2011-04-03 22:54) 

ろき

みおさん 頑張ったね。
ちょっと早い気がしますが
soichiroさんと奥さんに看取られて
旅立つ事ができたのが良かったと思います。
キャリーの中のご機嫌な顔が良いですね。

アイナさんの病状も気になります。
お大事になさって下さい。
by ろき (2011-04-03 23:22) 

りる

みおちゃん、可愛くて、可愛くて、可愛くて、本当に可愛かったです。
あんな小さな身体で、すごくすごく頑張ったんですね。
みおちゃん、とっても幸せだったと思います。
きっとこれからも、みんなと一緒ですよ!



by りる (2011-04-04 01:13) 

あーる

精一杯の看病をされたのですね。
みおちゃん、最期はおうちでご家族に看取られ、幸せの中で亡くなったのだと思います。
ご冥福をお祈りします。
by あーる (2011-04-04 09:19) 

sally

最期を看とって貰えてみおちゃんも感謝している
ことでしょう。
寂しくなりますが、猫たちが支えてくれるでしょう。

soichiroさんお疲れさま。
by sally (2011-04-04 11:33) 

ヨンタロー♀

最後に一緒にいたかった願いがかなったんですね。
>みおへの医学的アプローチ、もうやり尽くした感があります。
▲これが飼い主さいにとって一番大切なことだと思います。
悲しさやさみしさはどうにもできないけれど、できることはすべてする、という経験は後悔を生みません。

どうぞやすらかに。
by ヨンタロー♀ (2011-04-04 13:29) 

まぐろとわさび

みおちゃん・・どうぞ安らかに。。
家族に看取ってもらえてきっと幸せに旅立っていったことでしょう。
私はわさびが病院の扉閉める瞬間に見せた表情が忘れられません。
最後は一緒が良かったと後悔しています。
アイナさんはどうか症状が良くなっていますように。
by まぐろとわさび (2011-04-04 13:40) 

popoki

お久しぶりです。
みおちゃん、残念です。
でも、大好きな家族に囲まれて、
とても幸せな一生だったと思います。
ご冥福をお祈りします。
by popoki (2011-04-05 08:00) 

corrado

お久しぶりです。
みおちゃん。
soichiroさんのような優しい方に看取られてとても幸せだったでしょう。
天国で安らかに眠っていると思います。
ご冥福をお祈りします。
by corrado (2011-04-05 23:24) 

市丸

みおさん、まだ7歳にもなっていなかったんですね‥早すぎます。
ご冥福をお祈りします。
アイナさんは治せる病気でありますように。
by 市丸 (2011-04-06 00:47) 

koume

ご訪問が遅くなりました…。
みおちゃん…頑張りましたね…。
さぞや体が辛かったでしょうが、soichiroさんご夫婦と
ニャンズに囲まれて、幸せな楽しい日々だったと思います。
私もこちらにご訪問するようになって長く、
みおちゃんが居なくなっただなんて、信じられません…。
ご冥福をお祈りします。
by koume (2011-04-06 21:22) 

そらまめ

こんにちは。
その後、アイナさんはどうですか・・・?
今日、ちょっとしたものを送りました。
定形外で送りましたので
明後日着く・・・かな・・・?
soichiroさんの住所は知ってるのに
メルアド知りませんでした(汗)
こちらに失礼しました。
by そらまめ (2011-04-07 12:07) 

soichiro

まとめお返事で失礼します。

みなさま、みおのこと、そして私たち夫婦にまでお気遣いくださり
本当にどうもありがとうございます。
みお、人気者ですね♪
あっちできっと胸を張って、花の穴を大きくしていることでしょう。
お花もたくさんいただきました。
どうもありがとうございました。

9匹が8匹になって、まだ8匹も家の中をうろうろしてるのに、
なんともさみしく、すごく静かに感じます。
走り回ったり、存在感をアピールするような子ではなかったですが、
その存在はやっぱり大きかったです。

うちでジャッジメントな役割も担っていたみお。
あっちから担当になって、さらに磨きがかかっちゃうかしら。
シャアとピケ、気ぃ抜いてるとぱしっとされちゃうぞ~。わはははは。

by soichiro (2011-04-09 23:02) 

ж鳳爪

みおさん、soichiroさん、遅れてすみません。
ご自宅で皆さんと一緒にいられて本当によかったですね。
素敵な日本美人さんという印象を持っていました。
ご冥福をお祈りします。
by ж鳳爪 (2011-04-12 01:28) 

soichiro

こちらこそお礼が遅くなってしまい
申し訳ございません。
どうもありがとうございました。
by soichiro (2011-06-20 01:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。